福岡を拠点に週末は九州の温泉と散歩を楽しんでいます。こちらで紹介出来なかった観光などはミックスジュースに書いています。http://spamegur2.exblog.jp/ こちらにも遊びに来て下さいね^^

by onsenmegur

<   2007年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

帰り道の温泉

国道10号線沿いの派手な建物。何度も通過してます。
湯の迫温泉『太平楽』 未湯ですが今日は昼食だけ利用しました。

d0086228_15585625.jpg













d0086228_1621926.jpgd0086228_1622963.jpg








天ぷら定食と、そば定食。
そば定食は600円位でから揚げとごはん付き、これはお徳です。


太平楽を出てこのまま帰るのはもったいない。
近くに金屋温泉が在ったのを思い出し行ってみることにしました。
国道10号線沿いにあったと思ってたのに宇佐だった。
いいかげんな記憶で随分遠くまで来てしまいました。

d0086228_19572013.jpg













金屋温泉は田んぼの中にぽつんとあり、寄ってみたいと思っていた所です。
以前、見つけたときは時間がなくて寄れませんでした。
それほど期待していなかったけど、泡つきのある良いお湯で気に入りました。
またゆっくり入りたいものです。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
訪問日 9.24
入浴料 300円
泉  質 ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉
住  所 宇佐市大字金屋字笹川
電  話 0978-38-6222
[PR]
by onsenmegur | 2007-09-26 11:24 | 大分の温泉 | Trackback | Comments(5)

壇ノ浦

下関にある 『みもすそ川公園』 に初めて寄ってみました。
国道9号線沿いの交通量の多い場所なので
立ち寄りにくいのですがとても綺麗に整備されています。

d0086228_14392935.jpgd0086228_11255483.jpg











d0086228_11261077.jpgd0086228_11262468.jpg










『壇之浦合戦絵巻』の紙芝居に近くに居合わせた観光客は聞き入ってました。
武者姿での紙芝居は11月末まで毎日開演中らしいです。

公園内には長州砲のレプリカなんか設置され、安徳帝御入水之処の碑もありました。
(源義経)像と(平知盛)の像が並んで設置されてました。

源平壇之浦合戦の古戦場であり、幕末の攘夷戦で外国船に砲撃した砲台跡でもありと、
下関は歴史を感じる町です。

d0086228_11263424.jpgd0086228_1126422.jpg








みもすそ川公園の向側には関門海峡を歩いて渡る人道のトンネルがあります。
その隣にうどんやさんがあったんですが閉店しました。
通称(人道のうどん)と呼ばれて、美味しかったのに残念です。

‥‥‥‥‥‥‥‥
訪問日 9.24
[PR]
by onsenmegur | 2007-09-25 21:22 | 山口の観光&グルメ | Trackback | Comments(4)

ちょいと うろうろ

阿知須温泉 宇部72アジススパホテル
d0086228_1658476.jpgd0086228_16581330.jpg










温泉博士の無料券を利用しようと行ったら、
ゴルフ場もある大きなホテルでした。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
訪問日 2007.9.23
入湯料 500円
住  所 山口市阿知須7373-1      
電  話 0836-65-3111



*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

次に湯免温泉に行ったら
d0086228_165841100.jpgd0086228_16585181.jpg










改装中でした。
営業は12月からの予定だそうです。



*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

で、最後に川棚温泉 たかせ別館へ寄ってみると
d0086228_1659335.jpgd0086228_16594260.jpg










案内された浴場は、すでにイモ洗い状態
ここは、温泉があったんだ。知らんかった。
お風呂は屋根つきの露天風呂になっいました。
4人くらい入れる岩風呂がが2つ。洗い場は2、3人でいっぱい。
狭いんだからお店の方で調整してほしかったな(ーー;)
ま、ここも温泉博士の無料券利用なので、しょうがないのかなぁ

残念でした。なのでまた来ま~す。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
訪問日 9.23
[PR]
by onsenmegur | 2007-09-24 22:14 | 山口の温泉 | Trackback | Comments(0)

源じいの森温泉

急に行きたくなり、行ってきました。源じいの森温泉。
広大な敷地内には、源じの森温泉のほかに、ほたる館、民芸館があり、宿泊施設もあlり、
ゆっくりたっぷり一日遊べます。

d0086228_15254091.jpg














d0086228_1525498.jpg













温泉施設は広くて玄関受付から外に出て中庭を通ります。
マッサージルームや、休憩室を通り浴場に辿り着くまでが長い。

浴槽は広く透明で綺麗なお湯。浴槽の縁は木が使われており落ち着きます。
先客の入浴客は4、5人でゆったり浸かれました。
岩風呂の大露天風呂は偶数日が女性専用。
浴場の写真も撮れなかったので、偶数日にまた出直したいと思います。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
訪問日 9.21
入湯料 600円
泉  質 アルカリ性単純温泉
住  所 田川郡赤村大字赤5251-3
電  話 0947-62-2851
[PR]
by onsenmegur | 2007-09-21 23:10 | 福岡の温泉 | Trackback | Comments(3)

茅の舎

《トップページ》一覧

お茶でも飲もうと散歩がてらやって来たのは『茅の舎』
こちら茅の舎のティールーム
d0086228_13495074.jpg















d0086228_1350073.jpg














茅の舎は手作り無添加バウムクーヘンの専門店です。
バームクーヘンのセットは、おかわりのコーヒー付でした。
ポットの中にはなんと3杯分くらい入ってますよ。
バームクーヘンの横に付ってるコーヒーゼリーは甘すぎず美味しかった。

‥‥‥‥‥‥‥‥
茅の舎
訪問日 2007.9.17
住  所 粕屋郡久山町大字猪野字櫛屋395-1
電  話 092-976-2112


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

それからちょっとT温泉跡地を探検に
d0086228_13565416.jpg















行って来ました。
雨だったのでちょろっと見ただけですが、ぷ~んと硫黄の匂いがしました。

‥‥‥‥‥‥‥‥
訪問日 2007.9.17
[PR]
by onsenmegur | 2007-09-19 19:27 | 福岡の観光&グルメ | Trackback | Comments(2)

高野山

連休は高野山
金曜の夜から2泊3日の旅へ。
門司港を20:30出発のフェリーに乗り、翌朝泉大津港へ
四国行きのフェリーより随分大きく、大広間でしたが1部屋に10人と、ゆったり寝れました。
d0086228_10513764.jpg















フェリーから見る明石海峡大橋。朝7:30頃に通過です。
瀬戸大橋を見るつもりだったのですが、とっくに通り過ぎておりました。

d0086228_1572711.jpg















泉大津から高野山まで、くねくね山道をバスで移動。
初めての高野山。とんでもなく広い。
戦国時代の有名な武将のお墓がずらりと並んでいるのに圧倒される。
墓の前に案内板も立ててあり探すには非常に便利。

d0086228_1573867.jpg
参道を歩いてお参りすると2時間係りました。
目的地の奥の院まで行くと、疲れたので一休みしてお茶を頂きました。
この茶釜からセルフサービスでお茶を汲みます。
おいしかった。使った湯飲みは洗って返します。




16日、東大寺へ7年ぶりの訪問です。
d0086228_14513523.jpg











東大寺大仏殿で大仏様を見た後、2月堂、3月堂と見学
木造建築物としては世界一の規模を誇っている東大寺
観光客がすごく多く、外国人の観光客も多い。
ガイドさんに案内して貰い、説明も聞いたんだけどなんにも思い出せない(>_<)

d0086228_15172544.jpg















鹿の多さにもびっくりです。
糞もごろごろしてるので、座るときは気をつけましょう。


d0086228_1515186.jpg
そして法隆寺へ行き、お昼に頂いた柿ざるです。
柿をうどんの生地に練り込んだ物でオレンジ色をしてます。
名物と聞いて注文しましたが、ふつうのうどんでした。




‥‥‥‥‥‥‥‥
高野山 9.15
東大寺・法隆寺 9.16 
[PR]
by onsenmegur | 2007-09-18 11:41 | Trackback | Comments(0)

龍水亭で鯉定食

《トップページ》観光&グルメ

d0086228_1003883.jpg
鯉が食べたくて、『龍水亭』にやって来ました。
名水100選にも選ばれた竜門の清水の側にあり、川魚が満喫できる和食処です。
その清水に泳がせた鯉は臭みがなく、身が締まり好評です。




注文したのは『鯉定食』+やまめの塩焼き
d0086228_16423421.jpgd0086228_16424444.jpg










d0086228_16425350.jpgd0086228_1643266.jpg










鯉のあらいは厚切りで、歯ごたえがあって美味しいです。
手作り味噌で作った酢味噌で食べますが、これが絶品。
添えられた柚子胡椒も女将さんの手作りだそうです。

鯉のアライは2人分ですが、これだけでお腹いっぱいになります。
大き目のお椀で出される鯉こくは濃厚で大好きです。

d0086228_101639.jpg
お部屋から見えるお庭です。
小さな滝、池には鯉が泳ぎ、赤いもみじと
風情があり、秋を感じますですねぇ。
お庭もお料理も美味しかった(^o^)




‥‥‥‥‥‥‥‥
訪問日 2007.9.13
住  所 佐賀県西松浦郡有田町龍門峡 (龍門ダム奥)
電  話 0955-46-2155
[PR]
by onsenmegur | 2007-09-17 17:38 | 佐賀の観光&グルメ | Trackback | Comments(2)

ゆのつぼ温泉

d0086228_10552810.jpg
次に湯布院で、ゆのつぼ温泉に寄ってみました。
ここに入ったのは何時だったかなぁ。
入口の前にある黄色の料金箱、みょうに懐かしい。






d0086228_10554239.jpg






















熱めで、無色透明な綺麗なお湯。
入口横に洗い場が2箇所あります。
カランからは水だけで、お湯は出ません。浴槽から汲み出して使うようです。
脱衣場も浴場も綺麗に維持されているので気持ちよく浸かれました。

d0086228_10555416.jpgd0086228_1646932.jpg








成分表の横には 『混浴ではありません』 と。
以前は混浴だったのだそうです。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
訪問日 9.12
入湯料 200円
泉  質 単純温泉
住  所 湯布院町川上湯の坪
[PR]
by onsenmegur | 2007-09-14 09:34 | 大分の温泉 | Trackback | Comments(0)

三泉閣で食事つき休憩

d0086228_1682268.jpg
ちょっと別府で休憩。
寄ったのは、三泉閣です。
温泉に浸かる前に昼食から。

炊込みご飯、地鶏なべ、茶碗蒸しなど
すっかり秋メニューのお昼ご飯でした。




d0086228_1683492.jpgd0086228_1684491.jpg










お風呂は6階と9階にあり
今日のお風呂は9階が女湯。内湯のみです。
コの字型に窓があります。
海と別府の町が見渡せて眺めはとても良いです。

d0086228_167062.jpg























d0086228_1610773.jpg















1階にある足湯は肘掛が付いています。
ここは足湯に浸かりながら甘味や飲み物の注文が出来るそう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
訪問日 9.12
住  所 別府市北浜3丁目6-23 
電  話 0977-21-1155
[PR]
by onsenmegur | 2007-09-13 21:59 | 大分の温泉 | Trackback | Comments(0)
《トップページ》一覧

去年リニューアルオープンした、甘木のあさくら堂というお菓子やさん。
建物の半分が『かっぱの巣』 という、うどんバイキングになってるそうです。
一度寄りたいと思ってましたが時間帯があわず何度も素通り。
この日やっと食べられました(^o^)
ちょうど昼時で大勢のお客さんで満席状態でした。

うどん、そば500円を注文すると、
テーブルに並んでいるおかずは食べ放題です。
おかずはいつも十数種類用意され、季節によって変わるそうです。
全種類、味見いたしました。煮物の味が良くしみて美味しかった。(^o^)
一緒に行った母も、安くてお徳と気に入ったようでした。

d0086228_14195819.jpg










そして帰りは、小郡のあすてらてす『満天の湯』 に寄りました。
湯の花、泡あわ、ぬるぬるで、ここも気に入ってくれたようです。

‥‥‥‥‥‥‥‥
かっぱの巣
訪問日 2007.9.9
住  所 朝倉市山田2186-1
[PR]
by onsenmegur | 2007-09-11 09:07 | 福岡の観光&グルメ | Trackback | Comments(0)