人気ブログランキング |

福岡を拠点に週末は九州の温泉と散歩を楽しんでいます。最近は観光&グルメが中心になってます。

by onsenmegur

カテゴリ:長崎の温泉( 101 )

《トップページ》入湯リスト一覧
5湯目はすこやか温泉に立寄りました。
湯ノ本温泉街から車で5分。湾をぐるっと廻ったところにある自噴泉です。
d0086228_10193635.jpg










共同浴場です。この隣の建物には家族湯が並んでいます。
駐車場にはけっこう車が止まっているのに共同浴場の方は空。
家族湯に人気があるようですね。
d0086228_10202068.jpgd0086228_10204314.jpg








ガラッとドアをあけると中は意外に広い。きれい。明るい。
浴室は天井が高くて開放感たっぷり。
d0086228_10202890.jpgd0086228_10203637.jpg






d0086228_10211855.jpg










褐色のお湯は溜め湯状態になっていましたのでバルブを開けて
勝手に掛け流しにさせて頂きました。
ドバドバお湯が出てきたらすぐに湯温が上がって、あち、あちち。
湧出量も割とありますので、家族湯にも供給できるんですね。

貸切でのんびり浸かれる大浴場、あぁ~しあわせやね~
壁にはお魚さんがいっぱい泳いでいて爽やかな温泉でした。
d0086228_10392377.jpgd0086228_10391562.jpgd0086228_10393561.jpg




温泉には入らないお供2人は
すこやか温泉の前にあった自販機で、こんな物をこっそりと食って試食していました。
角切りマンゴージュース、カレーうどん
マンゴージュースは美味しかったです。
カレーうどんは、こんにゃく麺でローカロリーです。味はお試しくださいませね037.gif

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

湯ノ本温泉 すこやか温泉
訪問日 2011.4.16
入湯料 300円 
泉  質 ナトリウム-塩化物泉 泉温78℃ pH6.5 210ℓ/分
住  所 壱岐市勝本町本宮南触1323-3
電  話 0920-43-9588

のっちのミックスジュースも書いています。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村 ポチッとお願いします。
by onsenmegur | 2011-04-22 15:17 | 長崎の温泉 | Trackback | Comments(0)
《トップページ》入湯リスト一覧
4湯目は海老館に立寄りました。
大正3年創業の海辺に建つ老舗旅です。
お隣には伏見稲荷神社があり、桜が綺麗に咲いていました。
d0086228_16565910.jpg










d0086228_151516.jpgd0086228_15133620.jpg






↑右側のサッシは男女別の内湯、正面の窓から外に出ると露天風呂にでます。
脱衣場はシンプルな物ですが広さは十分でした。
d0086228_14405933.jpgd0086228_14421471.jpg






d0086228_14422344.jpg










お湯は黄色がかった薄い褐色。
温度もちょぅど良くてゆったりしていたら、窓の外を誰かが通りました005.gif
外からは見えないガラスになっているのでしょうね^^

少量ですがこちらも掛け流しで利用されています。
湯口の周りや壁は析出物がこんもりと盛り上がってるんです。
そして、細かい湯の花がたっぷり舞っていました。すごい。
d0086228_14423122.jpg










こちらのお湯もそれほど塩辛くはなかったんだけど、湯上りはべたつき感がありました。
d0086228_1443311.jpgd0086228_14425343.jpg








母屋からちょっとだけ離れた露天風呂は、湯の本湾が見渡せるようになっています。
露天風呂といっても湯小屋になっているので、誰でも安心して浸かれますよ。
d0086228_16435296.jpgd0086228_15254337.jpg






母屋のすぐ裏に源泉があります。溢れたお湯で池のようになっているのですが
お湯が流れた後がクレーターのようになっててすごい!!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

湯ノ本温泉 海老館
訪問日 2011.4.16
入湯料  
泉  質 ナトリウム-塩化物泉 泉温64.5℃
住  所 壱岐市勝本町立石西触91番地5
電  話 0920-43-0012

のっちのミックスジュースも書いています。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村 ポチッとお願いします。
by onsenmegur | 2011-04-21 17:11 | 長崎の温泉 | Trackback | Comments(0)
《トップページ》入湯リスト一覧
3湯目は長山旅館
あづまや旅館からちょびっと移動してきましたよ。
d0086228_14432172.jpgd0086228_14511464.jpg







長山の看板はすぐにみつかりました。玄関に近よっていくと表に回って下さい。
て書いてあったので、とことこ歩いて行くと全然感じが違っててでびっくり005.gif
d0086228_14443320.jpgd0086228_14444154.jpg






湯めぐり帳にハンコをもらって浴場へ向かいます。
長い廊下の突き当たりに家族湯と女湯がありました。
家族湯も気になり、帰りに覗いてみた所、お湯は入っていませんでした015.gif
d0086228_14444952.jpg










成分表が見当たらなかったのですが、欲感はあづまや旅館や千石荘と似ていると思います。
しかし、赤茶色のお湯の表面には油膜が張っていて湯の花もたっぷり。
成分の濃いお湯ですね。
d0086228_14451640.jpgd0086228_1445854.jpg








あ、露天風呂発見!!
塀で囲われた小さな露天は冷たかったので浸かりませんでした。
d0086228_14532829.jpg
長の廊下を戻ってくるとき源泉が見えました。
びっしりと白いものが付着しています。
すごい005.gif




‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

湯ノ本温泉 旅館長山
訪問日 2011.4.16
入湯料 300円 
泉  質 啓示なし
住  所 壱岐市勝本町湯本浦43
電  話 0920-43-0033

のっちのミックスジュースも書いています。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村 ポチッとお願いします。
by onsenmegur | 2011-04-20 23:37 | 長崎の温泉 | Trackback | Comments(0)
《トップページ》入湯リスト一覧
2湯目は千石荘のお隣、あづまや旅館に立寄りました。
こちらも旅館と言うより民宿って感じのお宿で、
赤い格子戸が何処か懐かしい雰囲気を漂わせています。
d0086228_10144688.jpg










d0086228_10145630.jpgd0086228_1015844.jpg






玄関を入ると、火鉢が置いてありましたよ。
4月とは言え、まだ寒いんでしょうね~
浴場に行くのに通る廊下です。部屋の中からは楽しそうな声が聞こえてきました。
近所の方が農閑期には湯治に使う人気のお宿だそうです。
d0086228_10185954.jpgd0086228_1019739.jpg






d0086228_10192256.jpg










脱衣場も浴室もこじんまりとした物です。
みどりがかった褐色のお湯は熱めで
湯船の左端から湯が注がれ、右端の湯尻へと流れていく。
塩味と鉄味に金気臭がします。
塩味といってもそれほど強くはなく、マイルドな塩味ですね。

浸かっているとタイルのひび割れや壁の穴などが目に付き
時の流れを感じますね~045.gif

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

湯ノ本温泉 あづまや旅館
訪問日 2011.4.16
入湯料 300円 
泉  質 ナトリウム-塩化物泉 泉温52.6℃
住  所 壱岐市勝本町湯本浦59
電  話 0920-43-0006

のっちのミックスジュースも書いています。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村 ポチッとお願いします。
by onsenmegur | 2011-04-19 17:14 | 長崎の温泉 | Trackback | Comments(0)
《トップページ》入湯リスト一覧
フェリーに乗って壱岐に行って来ました。
d0086228_14335163.jpgd0086228_143433.jpg






d0086228_1513238.jpgd0086228_1520324.jpgd0086228_15204710.jpgd0086228_9312864.jpg



d0086228_15472245.jpgd0086228_15473751.jpgd0086228_16191513.jpgd0086228_1526323.jpg



4年ぶりのゆったり観光うに丼ツアーなのです037.gif
お目当てのうに丼はすごく美味しかったです♡♡ それはミックスジュースの方にUPするとして・・・
今回は、ちょこっと温泉にも入りました♪

早めにお宿に行き、わたくしだけちょっくら湯巡りに行くはずが
お供が2人来ると言うので、運転手にコキ使ってやりました^^

まずは『千石荘』から入ってみましょうか。
千石荘は家族経営の小さな旅館です。
d0086228_14182326.jpg









d0086228_14134956.jpgd0086228_1414444.jpg






d0086228_14145976.jpgd0086228_1415829.jpg






d0086228_14151791.jpg










旧米蔵を改造して造られた浴室には太い梁と高い天井で開放感があります。
地下50メートルから湧出する源泉を掛け流しで利用されています。
茶褐色の湯船は広いほうは少し深めで、湯口のある方は浅めになってました。
全身浴と半身欲が楽しめる造りなのだそうです。
舐めるとしょっぱくてよく温まりました。
d0086228_14153086.jpgd0086228_14153726.jpg






今回は湯本温泉の6旅館の温泉に入れる、湯巡り張を購入して湯巡りしています。
1湯目の千石荘で湯巡り帳を出して、お風呂をお願いすると
これは何ですか?とか言われちゃいました。
受付の横にポスターが貼ってあるのにね044.gif

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

湯本温泉 千石荘
訪問日 2011.4.16
入湯料 300円 
泉  質 ナトリウム-塩化物泉 泉温59℃
住  所 壱岐市勝本町湯本浦58
電  話 0920-43-0004

のっちのミックスジュースも書いています。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村 ポチッとお願いします。
by onsenmegur | 2011-04-18 20:56 | 長崎の温泉 | Trackback | Comments(0)
《トップページ》入湯リスト一覧
温泉街を通る国道から一本奥に入った静かな住宅地にあります。
d0086228_13305598.jpgd0086228_1339252.jpg






ホテルと言うよりは、マンションのように見えるので何度も素通りしていた所でした(^'^)
館内はすっきりとして落ち着いたロビーに白いソファーが映えます。
天井が高くて、ゆったりと寛げますね。
d0086228_13313532.jpgd0086228_13314741.jpgd0086228_13315754.jpg




温泉は2階にあります。エレベーターを降りるとカラフルなソファが置いてありました。
休憩室の他に、エレベーターホールや通路にも休憩所が設けられていてとても便利です。
脱衣所にはマッサージ器もあり、湯上りに利用すれば疲れが吹っ飛びます(^。^)
d0086228_13442155.jpgd0086228_10252219.jpg






d0086228_10255393.jpg










竹製の冷却装置を使い、高温の源泉を加水することなく掛け流しで供給されていますので
濃い温泉成分をたっぷりと味わえます。
露天に浸かると橘湾の景色は見えませんが、つるんとしたお湯で気持ち良いです。
d0086228_1026373.jpg










d0086228_1026167.jpgd0086228_10262429.jpg






雲仙荘の玄関横には足湯があり無料で利用できます。
そして湯気がモクモクと上がっている小屋は湯雨竹、これは雲仙荘が特許を取っているそう。

のっちのミックスジュースも書いています。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村 ポチッとお願いします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

雲仙温泉 雲仙荘
訪問日 2010.12.18
入湯料 500円
泉  質 ナトリウム-塩化物泉 泉温98℃ pH7.8        
住  所 雲仙市小浜町南本町145-2
電  話 0957-76-0550
by onsenmegur | 2011-02-24 13:56 | 長崎の温泉 | Trackback | Comments(2)
《トップページ》入湯リスト一覧
何度も素通りしている望洋荘です。今日は立寄ってみましょうか^^;
d0086228_14502424.jpgd0086228_14504018.jpg










国道沿いにある国民宿舎、ヤシの木が目印です。
客室からは海が見渡せて眺め良しのお宿です。
平成20年にリニューアルしてますので、館内はとてもきれいでした。
玄関横の靴箱が大量に並んでるし、休憩室も広くてゆったりしてますね。

d0086228_14505953.jpgd0086228_1450527.jpg








d0086228_1535889.jpgd0086228_1541035.jpg








土産物売り場の右側は女湯、左側は男湯ななっていました。

d0086228_1451977.jpg



















浴室は入浴客でいっぱい。湯気もいっぱいで、浴室全体は撮れませんでした。
大浴槽、打たせ湯、寝湯、露天風呂などがあります。
大浴槽の右側にドーム型のものが・・・これって何だ?
中にはいっても分からない^^;
それにしても入浴客が多いなぁ~

d0086228_14511793.jpgd0086228_14512862.jpg








シャワー付きの洗い場もあるのですが、この洗い場が面白い。
細かく仕切られた湯溜めからお湯を汲んで使うんです。
シャンプー、ボディソープも置いてあるので、こちらを利用する人が多かったです。

d0086228_14514171.jpg



















露天風呂には何か浮いていました。
何だろうと、近くに寄ってみたら木片みたいなのとゆずでした。いい匂い^^

帰ってから気が付いたけど、展望露天風呂がもう1つあったそう。
悔しい~です。また行かなくちゃ034.gif

のっちのミックスジュースも書いています。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村 ポチッとお願いします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
小浜温泉 国民宿舎望洋荘
訪問日 2010.12.18
入湯料 315円 7:30~22:00 
泉  質 ナトリウム-塩化物泉
住  所 雲仙市小浜町南本町10
電  話 0957-74-3141
by onsenmegur | 2010-12-30 14:22 | 長崎の温泉 | Trackback | Comments(4)
《トップページ》入湯リスト一覧

いわき旅館は自家源泉を所有しています。
敷地内から湧き出る温泉は、日本温泉協会の審査で最高点を獲得したお宿です。
d0086228_1620292.jpg















d0086228_16204090.jpg















玄関前にはゆび湯がありました。
余ったお湯を道行く人に提供しています。

d0086228_16205172.jpgd0086228_1621266.jpg








d0086228_940927.jpg















立寄り湯は12時からなので、時間調整して来ました。
入れて頂いた(妙見の湯)は、受付のすぐ横です。

脱衣場には花柄のステンドグラスがきれいでした。
浴室には湯船が1つに洗い場と、シンプルな造りです。

お湯は自家源泉、熱めの湯がかけながされ硫黄臭もいます。
靴づれした足に、お湯が滲みるぅ~

こちらには露天風呂付きの部屋が5つあり、とても人気だそうです。
いつか泊まって露天も入ってみたいですね001.gif

のっちのミックスジュースも書いています。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村 ポチッとお願いします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
雲仙温泉 いわき旅館
訪問日 2010.12.18
入湯料 500円 
泉  質 酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩温泉 泉温60.6℃ pH2.2
住  所 雲仙市小浜町雲仙318
電  話 0957-73-3338
by onsenmegur | 2010-12-29 11:49 | 長崎の温泉 | Trackback | Comments(6)
《トップページ》入湯リスト一覧
明治37年創業
雲仙で最も歴史のある老舗ホテルです。
d0086228_11143691.jpg









d0086228_11144976.jpgd0086228_11145949.jpg






館内に入ると感じのよいロビーが広がっていました。
立寄り湯をお願いすると、エレベーターの前まで案内してくれました。
エレベーターを降りると、歴史を感じさせる骨董品が展示してあり、びっくりしました005.gif
d0086228_1424623.jpgd0086228_13503445.jpgd0086228_1115936.jpg




廊下には赤い絨毯が敷かれてました。
自販機の横に休憩所があります、その奥には和室の休憩室もありました。
浴場の前には冷水器もあり、湯上りに頂きました。
d0086228_11152794.jpgd0086228_13574169.jpg







d0086228_1115382.jpg













露天に面した方はガラス張りになっていました。
こちらの前に行った富貴屋と似ていますね。
湯船からポコンと出た、きのこみたいなのが湯口でした。
d0086228_1551279.jpg













露天はこじんまりとした岩風呂。
バシャッと中に入ったら、底から湯の花が舞い上がり真っ白になりました043.gif

のっちのミックスジュースも書いています。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村 ポチッとお願いします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
雲仙温泉 有明ホテル
訪問日 2010.12.18
入湯料 700円
泉  質 含硫化水素、酸性緑礬泉 泉温92℃        
住  所 雲仙市小浜町雲仙380
電  話 0957-73-3206
by onsenmegur | 2010-12-27 16:13 | 長崎の温泉 | Trackback | Comments(2)

雲仙温泉 富貴屋

《トップページ》入湯リスト一覧
雲仙地獄です。
強い硫黄臭が漂う湯煙。昔はもっと真っ白で霧のようだったと記憶しているのですが・・・

d0086228_14221271.jpg



















白い煙がもくもくと立ち上る雲仙地獄の正面に建つ『富貴屋』に立寄りました。
館内の各所から地獄が望めるホテルです。

d0086228_14222264.jpgd0086228_14223199.jpg










d0086228_14271241.jpgd0086228_14225476.jpg








富貴屋の立寄り湯、天地大地の湯の入口です。
中に入ると黒い塀や屋根瓦があり、まるで武家屋敷通りみたいでした。
休憩所も瓦屋根付き、ちょっと落着かない気もしますけど

脱衣場の隅に、子供用の洗面台がありました。
ミッキーマウスの椅子も可愛い045.gif

d0086228_115655.jpg



















浴室は露天に面した方は全面ガラスになっていました。
広い湯船に浸かりながら、庭園が見えて良い感じ^^

洗い場の壁には富士山の壁画が・・・いや、普賢岳ですね。雲仙ですから
露天風呂の他に、サウナ、水風呂、薬草湯などがあります。

d0086228_1151673.jpg




















d0086228_1142917.jpgd0086228_1143771.jpg








d0086228_114489.jpgd0086228_14363881.jpg








小さな浴槽はゆず湯、匂いが良いです。
一人サイズですね~

露天は内湯ほど広くは無いですが、若干ぬるめで硫黄の臭いもします。
湯口付近は激熱ですからご注意を!!

のっちのミックスジュースも書いています。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村 ポチッとお願いします。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
雲仙温泉 富貴屋
訪問日 2010.12.18
入湯料 1000円  
泉  質 単純酸性泉 泉温80~91℃ pH2.3
住  所 雲仙市小浜町雲仙320
電  話 0957-73-3211
by onsenmegur | 2010-12-24 15:54 | 長崎の温泉 | Trackback | Comments(2)